家事動線の良い間取りについてご紹介します!

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2022/06/18

家事動線の良い間取りについてご紹介します!


注文住宅の間取りを考える際に大切なことはなんでしょうか。
広さ、採光性、空気の流れ、など考えなければならないことは多いですが、全ては快適な生活のためですよね。
快適な生活のためには、家事が快適に行われることが必要条件です。
今回は、快適に家事を行うために重要な家事動線についてご紹介します。

□注文住宅で家事動線が重要な理由


動線とは、人が通る道筋のことで、動線が整えられていない住宅では、特定の場所に行くまでの間に遠回りをしなくてはならなかったり、家事をする際に家の中を何度も往復したりと、無駄な動きが増えてしまうのです。
逆に、動線が整えられた住宅では、移動のストレスが減るだけでなく、家事の効率も良くなり、快適な生活を送れます。


動線の中には、生活が便利になる生活動線と、家事の効率を高める家事動線がありますが、どちらも生活の質を高めるという点で本質的には同じです。

□家事動線の良い間取りのポイント


家事動線の良い間取りは、家事で使う場所をできるだけ近くに配置する、というのが基本的なポイントになります。
ここからは、家事で良く使う場所ごとのポイントをご紹介します。

*キッチンの間取り


最近は、リビングにいる家族の様子を見ながら食事の準備ができる対面キッチンが人気ですが、その中でもアイランドキッチンは回遊性が高いためおすすめです。
調理台の背面に、冷蔵庫や収納棚を設けたり、キッチンカウンターの近くにダイニングテーブルを置いたりすれば、家事動線がとても良くなり、配膳や片付けといった作業が効率良く行えます。

*洗濯・物干場の間取り


洗濯物を洗い、干して、片付けるという一連の作業を効率よく行えるような動線が理想です。
洗濯機が置いてある場所から物干し場までの動線が長いと、重い洗濯物を持って家の中を動き回る必要があり、大変です。
洗濯動線は、洗面室を物干し場の近くに設けたり、洗濯室に下着やタオルなどの収納場所を確保したりすることで、良くできます。

*収納の間取り


収納スペースの基本は、それを使う場所や、使う家事の家事動線上に配置することです。
保存食を保管する場所は廊下とキッチンの間、外出時に身につける物類は玄関近く、衣類の収納は物干し場から洗濯室までの間、といった具合です。

□まとめ


今回は、家事動線の重要性と、家事動線の良い間取りのポイントについてご紹介しました。
日常的に行う家事だからこそ、そこで時間を無駄にしたくないですよね。
家事にかかる時間を減らして、家族と過ごせる時間を増やせるよう、家事動線を意識した間取り計画を立てましょう。

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る