マイホームをご検討中の方必見!住みやすい家の特徴をご紹介!

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2021/07/30

マイホームをご検討中の方必見!住みやすい家の特徴をご紹介!

「新しいマイホームは住みやすい家にしたいけどどうすれば良いのかな」
マイホームをご検討中の方で、このようにお悩みの方は多いと思います。
そこで、今回はおしゃれで住みやすい家の特徴と住みやすい家の間取りをご紹介します。
この記事が参考になれば幸いです。

□おしゃれで住みやすい家の特徴をご紹介!

1つ目の特徴は、ライフスタイルに合っていることです。
どのような生活スタイルにするかによって、家の雰囲気づくりが変わってきますよね。
それぞれのライフスタイルに合わせて家をつくることによって、飽きずにずっといたくなる空間が生まれます。

2人で過ごすのであれば、温かみのあるインテリアがおすすめです。
木の素材を積極的に使用して、住みやすさを演出すると温かみのある部屋になりますね。


 

2つ目の特徴は、開放感のある空間づくりがされていることです。
あえて壁をつくらずに開放的な家づくりをすると、コミュニケーションがいつでも取れる点もメリットです。
個室をつくることでコミュニケーションが不足してしまいがちになるため、工夫しましょう。

3つ目の特徴は、フリースペースがあることです。
おしゃれな空間にして、家族で楽しく過ごせる場所を増やしましょう。

お子様と一緒に遊べる場所をつくっても良いですね。
贅沢にフリースペースを広々と取り、大人も子供も一緒に遊べる空間をつくるのもおすすめです。
お子様が大きくなっても活用できますね。

□住みやすい家の間取りとは?

まずは、生活動線が考えられている間取りであることです。
生活動線を上手く利用することで暮らしやすい家にできます。
具体的には、普段している生活の動きを想定して室内で起こる渋滞を防ぐと良いでしょう。

また、子育てのしやすい間取りにすることです。
具体的には、1階だけで生活できる家にすることが挙げられます。

リビングや寝室、収納や水回りなど家の機能を1階に集結させましょう。
こうすることで、お子様がケガをしてしまう可能性が少なくなります。
また、小さなお子様がいる方であれば、目を離す時間を少なくできるのも良いですね。

水回りをリビングの近くにするのもおすすめです。
理由は、トイレが遠いとお子様がトイレに行くのを嫌がる場合があるためです。

□まとめ

住みやすい家の特徴をご紹介しました。
ライフスタイルに合っていて、開放感のある家は住みやすい家と言えますね。
また、生活動線を意識した間取りにすると、より過ごしやすい家になるのでおすすめです。
 

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る