マイホームを持ちたい方必見!夏でも涼しい家にするには?

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2021/07/26

マイホームを持ちたい方必見!夏でも涼しい家にするには?

「新しいマイホームは夏でも涼しい家にしたいけど、どうすれば良いのかな」
マイホームを持ちたいとお考えの方で、このようにお悩みの方は多いと思います。
そこで、今回は夏でも涼しく冬でも暖かい家にする方法をご紹介します。
この記事が参考になれば幸いです。

□夏は涼しく冬は暖かい家にするためのポイントとは?

夏は暑く、冬は寒い日本でエアコンにできるだけ頼らず生活するにはどうすれば良いのでしょうか。
ここでは、夏は涼しく冬は暖かい家にするためのポイントをご紹介します。

1つ目のポイントは、家の断熱化です。
冬に暖房をつけているのに暖かくならないことはありませんか。
その最も大きな原因は、窓にあると言われています。

それを防ぐために、複数ガラスや樹脂製サッシが売られています。
また、建物自体に断熱材を使用することで、外気からの影響を受けないようにすることが今の施工の主流です。
断熱材にはそれぞれ特徴がありますので、調べてみるのも良いでしょう。

2つ目のポイントは、家の気密化です。
家のつなぎ目の部分をなくすと、暖気や冷気を減らせます。
日頃は気づかない床や壁、コンセントの取り付け場所からのすきま風が、室温のロスに繋がっています。
これらを防ぐために壁の室内側に水蒸気を通さないシートを張り、すきま風を通さないようにします。

3つ目のポイントは、建築予定地の風の動きを読むことです。
家は、1年中締め切っているわけではありませんよね。
新しい家を建てるのであれば、自然のさわやかな風を最大限活かした家にしましょう。

土地や季節によって、吹いてくる風の向きは様々です。
それを可能な限り活かすことで、高断熱で高気密の家でありながら冷暖房が必要ない時期が非常に快適になります。

□高断熱にすることによる効果をご紹介!

夏は涼しく冬は暖かい家にするための基本は断熱と気密にありました。
では、高い断熱性が生み出す他の効果は何があるのか、ご紹介します。

まずは、ヒートショックを抑制することです。
ヒートショックとは、急激な温度変化による身体が受ける影響のことですが、高断熱にすることでこれらの被害がなくなります。

次に、結露の防止に役立つことです。
結露はカビの発生やダニの生息の温床になってしまうので、健康にも悪影響ですよね。
家を高断熱にして結露を生じにくくすることで、快適な環境を保ちます。

□まとめ

夏でも涼しく冬でも暖かい家にする方法をご紹介しました。
断熱化、気密化、そして風の動きを読むことでエアコンを使用せずに夏は涼しく冬は暖かい家にできますね。
高断熱にする効果も紹介しましたので、参考になれば幸いです。
 

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る