平屋やリビングが広い間取りの魅力を紹介します!

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2022/09/22

平屋やリビングが広い間取りの魅力を紹介します!

最近は、若者や子育て世代の間で平屋の人気が上昇しています。
平屋にはどのような魅力があるのでしょうか。
また、その平屋をより過ごしやすくするためには、リビングを広い間取りにするのが効果的です。
今回は、平屋やリビングが広い間取りの魅力を紹介します。

□平屋の魅力とは

1つ目は、生活動線がシンプルなことです。
生活動線の中で最も問題になりやすいのが階段の上り下りですが、平屋にはもちろん階段がありません。
そのため、洗濯や掃除、荷物の出し入れなど家事をスムーズに行えます。
特に、マンションからの住み替えで一戸建てを選ぶ方は、生活がマンションと同様に1フロアで完結する平屋がおすすめです。

2つ目は、家族とのコミュニケーションがとりやすいことです。
2階建て住宅の場合は、コミュニケーションをとりやすい空間を作るためにリビング階段を取り入れたり、子供部屋を敢えて狭くしたりといった工夫を凝らす必要があります。

しかし、平屋の場合は必然的にコミュニケーションがとりやすい環境になります。
子供の家の出入りや部屋の出入りを把握できるので、いつの間にか家を出ていた・いつ帰ってきたか分からないといった事態を回避できるでしょう。

3つ目は、強い構造であることです。
基本的に、建物は高ければ高いほど、重ければ重いほど、構造的に地震や台風に弱くなります。
平屋は建物そのものに高さがなく、重量も軽いため、構造的に頑丈であると言えます。
建物が頑丈であれば、災害に強いのはもちろんのこと、メンテナンス面でも強くなるというメリットがあります。

□リビングが広い間取りの魅力とは

1つ目は、開放感があり、快適に過ごせることです。
リビングが広いと収納スペースも十分に確保できるため、物が散らかりにくく、常に綺麗な空間にできます。
リビングは家族全員がくつろげる空間になるのが理想なので、十分な収納を備えられるのは魅力的と言えます。

2つ目は、自由なライフスタイルを実現可能なことです。
リビングが広いとリラックスできるだけではなく、趣味や育児など複数の目的で使えるようになります。
小さな子供がいる家庭では、子供の様子を見ながら在宅ワークをしたり、壁面収納を作って本やコレクションを飾ったりといった使い方が可能になるでしょう。

□まとめ

平屋やリビングが広い間取りの魅力を紹介しました。
平屋は生活動線がシンプルで、家族とのコミュニケーションがとりやすいメリットがあります。
また、リビングが広いと、開放感と自由なライフスタイルを実現できます。
平屋でリビングが広い間取りを取り入れることでワンランク上の生活空間を実現できるでしょう。

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る