マイホームをご検討の方へ!南側に家を建てると日当たりが良くなります!

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2021/09/18

マイホームをご検討の方へ!南側に家を建てると日当たりが良くなります!

マイホームをお考えの方で、
「方角を考慮したほうが良いのだろうか」
このように、家を建てる際、家の向きが気になる方は少なくないでしょう。

今回は、マイホームをお考えの方に向け、南側に家を建てると日当たりが良いことをご紹介します。
また、日当たりの良い家の間取りもご紹介します。

□南側に家を建てると日当たりが良いことをご紹介します!

「南側がいい」と聞くことは多いですが、実際南側に家を建てるとどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは、日当たりの良い部屋のメリットをご紹介します。

自然光は、体内時計の調整やうつ病予防などの効果があると言われています。
そのため、健康に暮らすためには欠かせないものです。
また、日当たりの良い部屋は、冬場の電気代を節約できます。
なぜなら、太陽光が入ることで室内があたたまり、暖房費を抑えられるからです。

他にも、暖房設備を過剰に考慮したり、日当たりを良くする間取りを考えたりする必要がなくなるため、建設費の節約にもつながります。

一方で、日当たりが悪い場合、ストレスを感じてしまうことがあります。
特に元々南向きの住宅で暮らしていた場合は、日当たりの悪い部屋で生活すると、違和感を持ちながら生活することになります。
そのため、心地よく生活できないという点が懸念されます。

このように、南側に家を建てると、日当たりが良くなり、日々の生活に大きな影響があるということをご理解いただけたでしょう。
マイホームを建てる際は、できるだけ日当たりを考慮したいですね。

□日当たりの良い家の間取りをご紹介します!

日当たりの良い部屋は多くのメリットがありますが、日当たりについて対策を行うことも重要です。
ここでは、間取りで日当たりを良くする工夫を3つご紹介します。

1つ目の方法は、床を高くすることです。
隣の家の高さが高い場合、床を高くすることで、影になる角度を小さくし、できるだけ日当たりを良くできます。
2階をリビングにしたり、小上がりの空間を設けたりすることで、床の位置を高くできます。

2つ目の方法は、吹き抜けです。
吹き抜けをつくることで、2階から日光を取り込めます。
ただし、2階の床面積をとるため、生活スペースをとる、部屋が広くなることで冷暖房が効きづらくなるなどのデメリットがあることも理解しておきましょう。

3つ目の方法は、隣の家からできるだけ離すことです。
隣の家から距離を取ることで、日光が入りやすくなります。
設計の段階で、南側に庭をつくったり、コの字型の平面のプランを組んだりして、壁の位置をずらせます。

□まとめ

今回は、マイホームをお考えの方に向け、南側に家を建てると日当たりが良いことをご紹介しました。
また、日当たりの良い家の間取りもご紹介しました。
日当たりの良い家づくりをし、理想のマイホームを手に入れましょう。

マイホームをお考えの際に気になる点やご質問等あれば、当社までお気軽にお問い合わせください。
 

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る