住みやすい間取りをつくるには?間取りの条件と例を紹介します!

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2022/05/12

住みやすい間取りをつくるには?間取りの条件と例を紹介します!

「住みやすい間取りにするための条件って何だろう」

「おすすめの間取りが知りたいな」

注文住宅の間取りを考える前に、快適で住みやすい間取りの条件を知っておきたいですよね。

そこで今回は、住みやすい間取りの家の条件と、おすすめの間取りについて紹介します。

□住みやすい間取りの家の条件とは?

ここでは、住みやすい間取りの家の条件を紹介します。

*生活動線や家事動線が効率的

家に住む人が行動する際に、移動で通る動線が短くてシンプルであればあるほど、家は住みやすいと言えます。

朝の慌ただしい身支度も、生活動線が効率的であればスムーズに進められます。

実際に暮らしている様子を想像して、効率の良い動線を間取りに組み込みましょう。

*たくさん収納できる

収納不足は間取りの失敗例として最も取り上げられるものの1つです。

収納スペースと生活スペースのバランスが難しいと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、家のデッドスペースを収納として活用しつつ、使いやすい収納を確保するように心がけましょう。

*ライフスタイルの変化に対応できる

マイホームを新しく建てる方は、その後何十年と同じ家に住み続ける方が多いです。

ご自身がその家にどの位住み続けるのかを予想し、子どもが大きくなった後や、老後にも快適な間取りの家であるかを検討してみてください。

□住みやすいおすすめの間取りとは?

まず収納スペースとして、シューズクロークやウォークインクローゼット、パントリーの設置を検討してみても良いでしょう。

シューズクロークは靴をたくさんしまえるだけでなく、趣味のアウトドア用品やスポーツアイテム、子ども用のベビーカーなども収納できます。

ウォークインクローゼットやパントリーは、生活動線をスムーズにするうえでも役に立ちます。

生活動線の確保の観点からも、収納を充実させた間取りはおすすめです。

また、リビングに畳スペースを設けると、多目的に活用できるのでおすすめです。

家事の作業スペースとして使ったり、子どもの遊び場にしたり、お昼寝スペースにしたりと、ライフスタイルに縛られない、様々な活用方法があります。

畳スペースを小上がりにして、下の部分を収納スペースにすると、さらに便利です。

□まとめ

今回は、住みやすい間取りの家の条件と、おすすめの間取りについて紹介しました。

この記事を、間取り計画に生かしていただけると幸いです。

当社は、いつまでも安心して快適に暮らせる家づくりを行っております。

ご家族の笑顔が繋がる、温もりある家づくりをご検討中の方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る