家づくりの費用を抑えるコツを専門業者が紹介します

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2021/06/07

家づくりの費用を抑えるコツを専門業者が紹介します

家づくりの費用を抑えたいと思っている方は多いでしょう。

しかし、耐震性や耐久性、安全面を損なうことなく、費用を抑えたいですよね。

こうした条件であれば、外装や内装の設備から費用を抑えようと思う方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、家づくりの費用を抑えるコツを専門業者が紹介します。

□建築費用を抑えるためのポイントとは

ここでは建築費用を抑えるためのポイントを3つ紹介します。

それぞれについて詳しく紹介するので、ぜひ参考にしてください。

1つ目のポイントは、希望に優先順位をつけることです。

新しい住宅を作るとなると、家族全員から様々な希望が出てくるでしょう。

これらの希望全てを叶えようとすると、費用はどんどんかさんでしまいます。

そこで、希望を集めたら、それらに優先順位をつけます。

優先度の高い希望だけは必ず叶えるようにすれば、費用を抑えながら満足のいく住宅を建てられるでしょう。

2つ目のポイントは、家の凹凸を減らすことです。

住宅は複雑な形よりもシンプルな形の方が費用を安く抑えられます。

なぜなら、凹凸の多い住宅はその分作業工程や材料が多くなるためです。

家づくりでは特に外壁や屋根などの基本構造の部分は費用がかさむ部分ですので、凹凸はできる限り減らしましょう。

3つ目のポイントは、空間をドアや壁で仕切らないことです。

先ほども紹介したようにドアや壁で仕切ることも作業工程と材料を増やす要因です。

そのため、空間はドアや壁で仕切らないことを意識してください。

これらのポイントを参考にして、費用を抑えていただければ幸いです。

□比較的費用を抑えつつ安心安全な住宅を作るためには

ここまでは建築費用を抑えるためのポイントを3つ紹介しました。

しかし、住宅の耐震性や耐久性を損なうことなく、費用を抑えたいと考えている方も多くいらっしゃるでしょう。

そういった方におすすめなのが、テクノストラクチャー工法です。

強度に不安な方は、全ての部材に重量鉄骨を用いることが多いでしょう。

一般的には木造住宅より鉄骨住宅の方が、地震のエネルギーを吸収するため倒壊しにくいといわれています。

しかし重量鉄骨住宅のデメリットは、木造住宅よりも大きく価格が上がる傾向にあることです。

重量鉄骨の住宅くらい耐震性や耐久性をキープしながら、もう少し手頃な価格で家をつくりたい。

そんな方におすすめなのが、こちらのテクノストラクチャー工法なのです。

テクノビームと呼ばれる複合梁を使用することで、耐震性や耐久性を高めながら安価な住宅づくりを実現しています。

こちらの工法に関してわからないことや聞きたいことがあれば、お気軽に当社までご相談ください。

□まとめ

今回は、家づくりの費用を抑えるコツを専門業者が紹介しました。

費用を安く抑えるにはポイントがあるので、それらのポイントを意識しながら家づくりを進めましょう。

また、安全性を保ちたい方にはテクノストラクチャー工法がおすすめなので、ぜひご検討ください。

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る