マイホームに吹き抜けを設置したい方必見!吹き抜けにおすすめの工法を紹介します

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2021/06/11

マイホームに吹き抜けを設置したい方必見!吹き抜けにおすすめの工法を紹介します

マイホームに吹き抜けを設置しようと考えている方はいらっしゃいませんか。

吹き抜けのある住宅に憧れを抱く方は多いですよね。

しかし、その反面、強度面で心配を感じている方もいらっしゃるでしょう。

そこで今回は、マイホームに吹き抜けを設置しようと考えている方へ、吹き抜けにおすすめの工法を紹介します。

□吹き抜けのメリットとデメリットとは

ここでは吹き抜けのメリットとデメリットを紹介します。

吹き抜けを設置したいと考えている方も、メリットとデメリットを参考にして、再度検討してみてはいかがでしょうか。

1つ目のメリットは、開放感のある住宅を建てられることです。

吹き抜けの最大の特徴は、開放感を演出できることですよね。

空間に縦方向の広がりができるので、かなり空間を広く感じられるでしょう。

心理学的な観点からも広く高いスペースには気分を上げる効果があるようなのでおすすめです。

2つ目のメリットは、大きい住宅を建てられることです。

容積率に制限がある土地であっても、吹き抜け部分は床面積としてカウントされません。

そのため、吹き抜けのない家に比べて大きな家を建てられるでしょう。

吹き抜けにはメリットだけでなく、デメリットも存在します。

ここからはデメリットを紹介します。

吹き抜けはやはり強度の面で不安があるでしょう。

開放感を感じられる反面、建物の強度が弱くなってしまうでしょう。

そのため、耐震性能を考慮しながら吹き抜けの大きさを検討する必要があります。

□吹き抜けのデメリットを解決する方法とは

ここまでは吹き抜けのメリットとデメリットを紹介しました。

デメリットがあることを残念に思った方も多いのではないでしょうか。

しかし、安心してください。

当社のテクノストラクチャー工法であれば、吹き抜けのデメリットを解決できます。

ここからは、テクノストラクチャー工法について紹介します。

こちらの工法は、自由な設計と安全な建築を叶えてくれます。

吹き抜けの不安要素である強度をしっかりとカバーしてくれます。

そのため、安心して暮らしていただけるでしょう。

こちらに関してはまだご存知ない方が多いです。

気になることや質問したことがある方は、ぜひ当社までお気軽にご連絡ください。

□まとめ

今回は、マイホームに吹き抜けを設置しようと考えている方へ、吹き抜けにおすすめの工法を紹介しました。

吹き抜けにはメリットも存在しますが、デメリットも存在します。

しかし、そのデメリットは当社の工法でカバーできるのでご安心ください。

吹き抜けの設置を検討中の方は当社までご連絡ください。

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る