家づくりで大事なこととは?家の強さを意識しましょう

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2021/06/22

家づくりで大事なこととは?家の強さを意識しましょう

「注文住宅を建てる際は、何を重視すれば良いのだろう」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅は思い通りの家づくりができるため、何を重視するかで完成形が大きく変わります。
そこで今回は、家づくりで大事なことについて解説します。

□家づくりでは耐久性が大事?

突然ですが、日本の住宅の平均寿命は世界的に短いことをご存じですか。
実は、日本の住宅の平均寿命は約30年と、アメリカやイギリスに比べて圧倒的に短いです。
そこで今回は、耐久性の高い家を建てるためのポイントを3つご紹介しましょう。

1つ目は、構造です。
耐久性の高い家を建てるには、耐久性の高い構造や部材を採用することが重要です。


2つ目は、湿気の多い日本ならではの湿気対策です。
通気性を良くし、結露を起こさないようにすると、湿気から生じるカビやダニから家を守れるでしょう。

3つ目は、定期的なメンテナンスです。
現在の建物は建築技術の向上により、これまで痛みやすかった部材も耐久性が高くなっています。
しかし、メンテナンスなしでは将来的に不具合が生じますよね。
定期的にメンテナンスを行い、住宅の耐久性をキープしましょう。

□なぜテクノストラクチャー工法は高い耐久性を実現できるの?

住宅の高い耐久性を維持するために重要なのが、細部の劣化対策です。
ここでは、テクノストラクチャー工法が行う具体的な劣化対策について解説しましょう。

結露と言えば窓ガラスに発生するものというイメージがありますが、結露が発生するのは目に見えている部分だけではありません。
結露の水分が、目に見えないところで構造体や断熱材を劣化させると、住宅の耐久性が一気に低下します。
そのため、テクノストラクチャー工法では、構造体や断熱材の劣化を防ぐための湿気対策・結露対策を行い、構造体の耐久性を高めています。

また、結露を防止するための断熱材施工だけでなく、部材そのものの劣化を防ぐことも大切ですよね。
この工法では、テクノビームの鉄部分に防錆作用に優れた溶融亜鉛めっき処理を施すため、部材の機能低下を防げるのです。
このように、さまざまな劣化対策を行うことで、世代を超えて住み続けられる家づくりを可能にしています。

□まとめ

今回は、家づくりで大事なことについて解説しました。
耐久性の高い家を建てるためのポイントをお分かりいただけたでしょうか。
テクノストラクチャー工法でマイホームを建てたい方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る