ランニングコストがかからない家にするための方法をご紹介します!

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2021/07/18

ランニングコストがかからない家にするための方法をご紹介します!

「イニシャルコストとランニングコストって何なのか知りたい」
「ランニングコストがかからない家にしたい」
新しく家を持つ方で、このようにお悩みの方は多いと思います。
そこで、今回はランニングコストがかからない家にするための方法をご紹介します。

□家にかかるランニングコストについて!

まず、ランニングコストについてご紹介します。
ランニングコストとは、毎月かかる費用のことです。
それに対して、イニシャルコストは最初にかかる費用のことです。

それでは、家にかかるランニングコストをご紹介します。

1つ目は、光熱費です。
光熱費があまりかからない低燃費の家を選ぶことで光熱費を大幅に下げられます。

2つ目は、修繕費です。
家のつくり方によって大きく差が出るのが、この費用です。
塗装が落ちてなおす際、壁が汚れてきれいにする際にかかる費用です。
外壁の塗料は経年劣化で剝げてくるものがあり、修繕しなければ雨水が浸透してしまうなど被害が出ます。

□ランニングコストがかからない家にするための方法とは?

では、そのような費用を抑えるにはどうすれば良いのでしょうか。
ランニングコストを抑えられる家をご紹介します。

まずは、断熱性能の高い家です。
断熱性能が高いと、エアコンなどの冷暖房費を抑えられるのでランニングコストが通常よりかかりません。

断熱のタイプには、壁の内部に断熱材を施す内断熱と、建物の外側から覆うように断熱材を施す外断熱という2種類のタイプがあります。
内断熱は日本でも最も一般的な断熱方法です。
壁の内部に断熱材を施すため、外壁の厚さに影響を与えません。
また、外断熱よりも価格を抑えられる点でもおすすめです。

次に、採光や通風を勘案することです。
これらも光熱費に大きく影響します。
夏は直射日光を防ぎ、冬は部屋の奥まで日が入るように位置を考えましょう。
風通しも、その土地によく吹く風の方向を勘案した上で計画するとランニングコストを抑えられますね。

部屋の数を少なくすることもランニングコストを抑えることに繋がります。
なぜなら、部屋の数が多いとエアコンや照明の数も多くなるためです。
部屋数を少なくすることで、建築コストも抑えられますし光熱費も削減できます。

また、床暖房もランニングコストを削減できます。
使い方によってはエアコンよりも光熱費を抑えられますし、定期メンテナンスの必要がないためランニングコストが少なく済みます。

□まとめ

ランニングコストがかからない家にするための方法をご紹介しました。
光熱費や修繕費など、ランニングコストは家に住んでいる間ずっとかかるものですので、家を設計する段階でランニングコストのことを考慮しながら決められると良いですね。
 

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る