新築の収納はどれくらい作ればいい?失敗例と注意点に関して解説します!

0561-84-2124

お問い合わせ

メニューを開く

Blogブログ

ブログ

2021/11/22

新築の収納はどれくらい作ればいい?失敗例と注意点に関して解説します!

「新築を購入するうえで収納に関して悩んでいる」
「収納計画を考える際の注意点を教えてほしい」
新築の購入を検討中の方は、どれくらいの収納が必要か悩みますよね。
そこで今回は、新築の収納における失敗例に加えて収納計画の注意点についてもご紹介します。

□新築の収納における失敗例は多い

わざわざ新築を購入したのに、失敗してしまう方が多いのは事実です。
失敗と一言で言っても、新築における失敗にはさまざまな種類があります。
その中でも、収納に関して失敗される方が多いです。
具体的には、収納のスペースが足りていなかったという失敗が多いです。

そのため、新築の収納を考える際は、何をどこに収納したいのか考えることが重要です。
子供がいる家庭では、子供が成長することで収納物も増えます。
そのため、将来的な要素も考慮して広めのスペースを確保しましょう。
広いスペースを確保しておくことで、将来的にも便利な収納に仕上がります。

□収納計画の注意点

続いて、収納計画の注意点について確認しておきましょう。

*収納タイプの特徴を理解する

1つ目は収納タイプの特徴を理解することです。
収納と一言で言っても、さまざまなタイプがあります。
収納は部屋タイプと棚タイプの2つに分けられます。
それぞれのタイプには、メリットもデメリットも存在します。

そのため、自分の家に合う収納タイプを選びましょう。
また、部屋ごとに収納タイプを変えるのも良いでしょう。

*バランスを考える

2つ目はバランスを考えることです。
収納計画を決める際は、隠す部分と見せる部分のバランスを考慮することが重要です。
生活感が出やすいものは、収納扉のあるタイプに収納するのがおすすめです。
おしゃれな空間に仕上げたいという方は、開放的な収納を取り入れるのがおすすめです。

新築を建てるなら、工夫して便利な収納を目指しましょう。

*本当に必要な量を考える

3つ目は本当に必要な量を考えることです。
収納スペースはできるだけ広いスペースを確保しようと考えている方も多いでしょう。
しかし、細かく考えずにスペースを確保してしまうと、結果的に使いづらい収納に仕上がってしまいます。
そのため、改めて必要なものと不要なものを分けて、本当に必要な量を考えましょう。

□まとめ

今回は新築の収納における失敗例に加えて収納計画の注意点についてもご紹介しました。
新築の収納に関して専門家に相談したいという方は、ぜひ当社までお問い合わせください。
当社では家づくりに関するご相談を随時受け付けております。
当社の専門家が皆様を全力でサポートいたします。

投稿者:臼井建築

ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。ご相談・お見積りはお気軽にお問い合わせください。

Fax:0561-85-8305/営業時間 8:00~18:00 定休日 日曜日
※モデルハウス見学予約の方は、日曜でもご来場いただけます。

メールからのお問い合わせ

ページの先頭へ戻る